まだ使えるものと、使うものは別だという断捨離

断捨離は、まだ使えるものと、使うものは別という考え方をするらしい。
なので、まだまだ使えるものであっても、今つかっていないものは、捨てていいらしい。
私は今日、スリッパと、扇風機と、腕立てのバーを捨てよう。使ってないから。
使えるものばかりだけれど、ときめかないし、ホコリまみれだし、これからも使わない。
この3つを捨てたら、自分が変われるかなあ。まだまだ断捨離はしなくてはならない。
部屋にガラクタが多すぎるのだ。私。スリッパだってひとつ500円したし、扇風機は2000円だったし
腕立てのプッシュバーも2000円ぐらいしたけれど、使ってないので思い切って捨てる。
買った時点でもう満足だったのだ。なんか悔しい。買っても使わない自分が悔しい。
お金、あまりにもったいなさすぎるじゃないか。それだけで4500円ものお金を捨てることになるんだよ。
ああ、悔しいなあ。でも、4500円。買った値段がもったいなくて捨てられない。
でも、なんとか、断捨離の本を読んで、捨てることにしよう。
いままであることにすら気がついてなかったけれど、ホコリにまみれてあるのが当然のような
気持ちになっていたよ。