未成年たち独自の徳義心とモラルハザード難点

N・Hはいうなり立ち上がった。なにやら家族間でハンドリング考えについて揉めていらっしゃるようだ。
「いや、だから外側で講じる食い分には容認するよ。自身も」
 N・Hは追い込まれた挙句に同調するN・Mにため息をついた。
「え。じゃ、長距離ならいいんすよね?」
 S・Kが飛びつき始めると講堂はさらにざわついた。N・Tは段々と前のめりになってS・Kの居場所に瞳が離せなくなって掛かる。こういう両人、何やかやでうまくやっていけそうです。「塾外の色恋に関しては任意だ。ただ、かりに別々の客間で過ごしているとは言えど、ここに要る女性とロマンスになってしまうと問題があると言うだけの話です」
「おや。外側は可、中は差し止めと」
 S・Kはおもむろにふところからスマホを取り出した。どうしてもどっか倫理ハザードを起こしている。
「ブハハ!お前、何メモってんだよ!」
「え?差し止めっすか?」
 独りでにN・Tは身とM・Tの材料を離れ、S・Kと間柄よさげに触れ合ってある。予めN・Tのコミュニケーション能力には天性のものがあった。http://www.cambridge-music-circle.org.uk/