お弁当の残り物は私の正午になるから食べないでね

毎朝児童といった彼のお弁当を作っていて、ほぼは副食など何も残らずにキレイに断ち切ることができるんですが随時残ることがあります。

そんな時は、必然的に私のお昼ごはんになります。

けれどもごく随時、普段は朝食を食べない彼がキッチンを見て何か残るときに「あ、副食残っちゃったんだったら採り入れるよ」と言ってお皿の上に残る副食を食べてしまうことがあります。
フェア卵焼き一部とかならダメダメかと思うんですが、今日の引き取り手のお弁当は牛丼。
そうして炊飯入れ物にはご飯もほどほどに留まるので、私も牛丼から強制譲れない。

そんな時に、ぎゅっと冷蔵庫の中のアイスコーヒーをとりに行った彼が、フライパンの中の残る肉を見て、目線を光らせたのを自分は見逃さなかった。
「それは私の貴重な昼間食事になるんだから食べちゃ禁忌!」と言ったら「そう…食べたかったなぁ」といったポツリ。

やむを得ず、お弁当器におんなじの入ってるから。

も、何も言わず食べちゃうことがあるので、短く気付いてよかった。

軽装食べないのが標準なのに、ちらほら朝からそういったこってりした肉なんて食べたらおなかびっくりして通勤途中でおなか痛く向かうしね。

から、初めて真昼は死守したのでした。脱毛ラボ 7ヶ月無料